今日はほたるまち協議会の役員会のプレゼンテーションを行います。ビオトープのリスクとマネジメントについての基本的な考え方と低減する方法について発言します。リスクはつきもので無くなりはしません。しかし、「転ばぬ先の杖」としてどのような対処をするのかが問われています。そこをしっかりと説明してきます。写真は朝日放送(左)と堂島フォーラム(右)の”すきま”にビオトープをつくります。美しい小川のせせらぎの音を楽しんでもらえればいいな!

助成金に申請の準備をしています。河川環境管理財団の一般的助成「川づくり、街づくりにおける地域との連携に関する研究ー堂島川の歴史と文化を学び「水辺の楽校」活動を通じてー」です。